汗明(かんめい)の武器の名前は?大錘(だいすい)は史実で使われたのかについても

函谷関での激戦も、いよいよクライマックスになってきました!

今回は、汗明と蒙武が一騎打ちをするシーンで、汗明が持っていた武器・大錘(だいすい)について調べてみました。

汗明の武器の名前は?

汗明と蒙武との一騎打ちでは、中華最強を懸けた激熱展開が繰り広げられましたね!

刀や槍ではなく、特徴的な形をしている武器を持った汗明に、疑問を持った方もいるのではないでしょうか?

大錘が登場するシーンから振り返ってみましょう。

汗明の武器は大錘!

キングダムで大錘が登場したのは、函谷関での激戦中。

昌文君の策によって楚の大群を突破した蒙武が、大将汗明のもとへと迫っていたときでした。

太鼓の音と家来の掛け声とともに汗明が現れ、蒙武に中華最強を決める一騎打ちを仕掛けました。

超越者としての自負があるほど強い汗明は、大錘を使って蒙武の腕を折ってしまいます。

最終的には蒙武に砕かれてしまいますが、大錘も強力な武器であることが分かりますね。

大錘の強さや特徴を解説!

そんな大錘は、どのような武器なのでしょうか?

中国には錘という武器があり、大型の錘だから大錘と呼ぶみたいですね。

まさに楚の巨人と呼ばれる汗明にふさわしい武器です!

錘の柄の先端には金属製の球状のおもりが取り付けられ、打撃によって敵にダメージを与えます。

役割的には、ハンマーが近いかもしれません。

巨人が巨大なハンマーを振り回していたら・・・相当怖いですよね。^^;

この大錘のいいところは、鎧や兜の上から当てても十分なダメージを与えることができ、剣などの武器とは違って盾に当たっても食い込んで取れなくなったりしないところです。

ただし、大きな武器ですので身に着けづらく、刀のような刃がついていないので、スピードをつけないと攻撃が効かないので、振り回したり打ち付けたりするなどしか使い道はありません。

使い勝手はそんなに良くはなさそうです。

汗明のような巨漢だからこそ、使いこなせた武器なのかもしれませんね。

大錘は史実で使われたのか

このように使い勝手の悪い大錘ですが、実際には使われていたのでしょうか?

大錘は実際に使われた武器だった!

なんと、錘は実際に存在していて、使われていました!

ただし常用武器としては用いられず、唐以前の中国ではほとんど戦に使われなかったようなのです。

中国の歴史書「史記」や「漢書」にもその記載があり、歴史は古いみたいなのですが、使い勝手は悪いですからね。^^;

しかし、唐や五代十国時代に入ってからは使われていたという記録が残っています。

またこの頃には、鉄鞭や大斧といった錘以外の打撃武器も使われるようになってきます。

キングダムの時代に実際に使った人がいるのかは・・・ちょっと疑問ですね。

史実における戦国時代の武器

それでは、この頃はどういう武器が使われていたのでしょうか?

代表的なものを挙げると、まず(ほこ)があります。

これは2~3mほどの柄の先端に鋭い刃を取り付けたもので、槍(やり)とよく似ています。

かなり重い武器で、一般的には20kgほどもあったといわれています。

「矛盾」という言葉はあまりにも有名ですね。

また、矛に横向きの刃を付け足したものが、(げき)と呼ばれる武器です。

春秋時代には青銅器、戦国時代に入ってからは鉄製の物が使われるようになりました。

信は剣を使っていましたが、これは近接戦闘に限られており、将校が指揮用に用いたものの主流の武器ではありませんでした。

さらに、飛び道具としても使われていました。

ただしこれは人力で引くためあまり遠距離には飛ばず、個人によって飛距離はバラついていました。

そして、戦国時代には(ど)と呼ばれる武器が発明され、弓に比べて飛距離も威力も格段にアップしたのです。

攻撃する武器としては代表的なものはこれぐらいですが、防具用としてもありました。

ただし鎧を身につけられたのは指揮官と重装歩兵と呼ばれるごく一部の兵だけでした。

そう、この頃の下級兵士たちは戦袍(せんぽう)と呼ばれる丈の長い服を着ていただけで、鎧をまとわずに戦っていたのです。

そういえば、キングダムの中に鎧をまとっていない兵士たちが映っていましたね・・・。

切られたら一溜りもありませんね・・・。((+_+))

まとめ

いかがでしたか?

中国は長い戦争の歴史を重ねてきたので、様々な武器が開発されてきました。

この戦国時代の後、やがて鉄砲などの火器も作られていくのですが、飛び道具は弓などしかありませんでした。

下級兵が鎧をまとわず戦っていたのは衝撃でしたね。

武器に注目してキングダムを見てみるのも、面白いですね!

<関連記事>

成恢(せいかい)が作った轟丹丸はどんな毒性?張唐の死亡は史実なのかについても

汗明は髪型がカニ頭でネタキャラ?太鼓応援団やつまらぬ発言など人気で面白いシーンまとめ

汗明(かんめい)と蒙武(もうぶ)はどっちが強い?一騎打ちの勝敗を武力や強さで考察!

麃公(ひょうこう)将軍が龐煖(ほうけん)に敗れて死ぬ最後!盾や名言・火を絶やすでないぞォの意味は?

麃公(ひょうこう)将軍はかっこいい人気キャラ!好きだという評価や強さ・口癖を紹介!

【キングダム】ほうけんはいらない?うざいほどしつこいなど嫌われる理由を解説