【ウルトラマンメビウス】ガイズの銃や戦闘機の種類は?威力や使用シーンについても

ウルトラマンメビウスに登場する防衛チーム「CREW GUYS」

彼らは最強の防衛チームという声もあり、様々な銃や戦闘機を所有しています。

これらの武器はどれも強いものが多いのですが、その威力はどれほどなのでしょうか?

使用シーンとともに振り返ってみましょう。

また、メテオールやマケット怪獣の強さについても解説していきます!

ウルトラマンメビウス:ガイズの銃や戦闘機の種類は?

ではさっそく、GUYSの銃や戦闘機の種類を見ていきましょう。

最初に言っておきますが、ものすごい数の兵器があります。笑

  • トライガーショット
  • メテオールショット

戦闘機

  • GUYSガンウィンガー
  • GUYSガンローダー
  • GUYSガンブースター
  • GUYSガンスピーダー
  • ガンクルセイダー
  • シーウィンガ—
  • ブルーウェイル
  • フェニックスネスト(フライトモード)

マケット怪獣

  • (エレキ)ミクラス
  • (ファイヤー)ウインダム

これだけ挙げましたが、実際には特殊兵器やミサイル・大砲などが設置されています。

その他の武器

  • 1,200mmシンクロトロン砲
  • ライトンR30マイン
  • シルバーシャークG
  • 高分子プラスター
  • AZ2006

さらにこれらの他にも、一般的な戦車なども装備されており、メカや技術的な側面でいえば、GUYSは最強の防衛チームと言われるのも納得ですね!

それでは、一つ一つの威力や使われたシーンを見ていきましょう!

GUYSの銃の威力や使用シーンは?

まずは、地上戦において活躍する銃器を確認していきましょう!

トライガーショット

トライガーショット一般的に地上戦で使われる武器で、トリプルチェンバーと呼ばれる3連シリンダーを回転させて撃ちます。

ハンディショットと呼ばれる通常の銃の形から、より銃口を伸ばしたロングショットと呼ばれる形へと変形ができます。

ロングショットのメリットとして射撃精度は上がりますが、連射が難しくなるというデメリットもあり、使い分ける必要があります。

第3話において、地上からバードンを撃とうとしたリュウは、命中精度だけならトライガーショットの方がガンウィンガーよりもマシだと言ってましたよね。

トリプルチェンバーは赤、黄、青色のシリンダーを持ち、それぞれそのままレッドチェンバーイエローチェンバーブルーチェンバーといいます。

レッドチェンバーから発射されるアキュートアローは3つのうちでは使用頻度が最も高く、使用例としては対バードン戦で毒袋の静脈を狙い撃ちしたときに使われています。

イエローチェンバーから発射されるバスターブレッドは黄色い火球を発射でき、第4話でコノミがケルビムの角を撃ち抜いていました。

ブルーチェンバーはメテオール用なので、普段は使用が許されていません。

通常は、1分だけ狙った対象を物理的衝撃から隔離するバリアー「キャプチャーキューブ」を発射できるようになっていますが、それ以外のメテオール弾も使用可能です。

例として、第14話で通信機・メモリーディスプレイからインストールしたnn弾(ニューロンニュートラライザー)を、インセクタスの腹部にある高周波を出す器官に発射し、昆虫の群れを操れなくさせています。

トライガーショットの威力としては、メテオール弾かどうかにもよりますが、大きな怪獣一体を倒すほどの威力は持っていません。

しかし怪獣によっては、体の一部を損傷させるだけの十分な威力を秘めています。

メテオールショット

第19話で初登場したメテオールショットは、メモリーディスプレイをセットすることでロックを解除し、使用可能になるメテオール専用銃です。

そのため使用には許可が必要ですが、その分すごい機能を持っています。

撃つ人の大脳皮質の電気的活動を検出し、敵の位置を捕捉。

発射後の弾道を制御して、自動追尾で確実にヒットできるという優れものなのです。

自動追尾のミサイルとかならありそうですけど、普通に手にもって扱えるサイズの銃では、まず不可能なんじゃないかと思えてきますよね。

さらにこのメテオールショット、アメイジング・トリプル機能というものがありまして・・・。

3つの銃口から複数の敵を同時に狙い撃つことができちゃうんです、ジョージには。笑

メテオールショットは人間の脳が狙いを定めたものに対して確実にヒットさせるものであり、普通の人間はあっちこっち同時に狙いを定めることはできないので、扱えません。

ところがジョージは普通の人間とは違い、ずば抜けた動体視力を持っているため、アメイジング・トリプルを使いこなすことができるのです。

第19話で3体のディガルーグを同時攻撃して波動関数を収束させたり、第45話でキャプチャーキューブを使い、デスレムの攻撃から複数のビルを守ったりしています。

もちろん敵が1体だけなら、普通の人間でも使いこなすことができます。

第21話でマリナがレッサーにキャプチャーキューブを撃ったり、第30話で腕を怪我したジョージの代わりに、リュウがインペライザーを撃ったりしていますしね。

威力としては、やはり怪獣一体を倒すのは無理だと思います。

ただメテオール専用銃だけあって、トライガーショットよりも確実にダメージを与えることはできると考えられますね。

GUYS戦闘機の威力や使用シーンは?

続いて、戦闘機を見ていきましょう!

GUYSガンフェニックス

ガンフェニックスガンウィンガーとガンローダーが合体したものというだけなので、威力に関しては記述しません。

第1話で映像のみ登場し、第2話からファイヤーシンボルが描かれ、「俺たちの翼」として活躍します。

通常はガンウィンガーとガンローダーに分かれて攻撃を行うため、ガンフェニックスの状態でとどまることは少ないです。

「ガンフェニックス、スプリット!」の掛け声とともに分離して、怪獣の攻撃をかわすシーンはかっこいいですよね!

GUYSガンウィンガー

普段はリュウとミライが乗ることが多い戦闘機です。

ガンウィンガーから発射されるビームは2種類あり、熱線砲のウィングレットブラスターと、航空機関砲のビークバルカンと言います。

ガンウィンガーやガンローダーに関しては、使用頻度が非常に多いのですが、第17話でサラマンドラの喉を潰したり、第18話でベムスターの爪を破壊したりなど、威力としてはそこそこあると考えられます。

第47話ではメビウスの左腕に命中させ、かなりの痛手を食らわせていましたしね・・・。

GUYSの戦闘機はクルーズモードマニューバモードがあり、通常攻撃はクルーズモードで行いますが、メテオールが解禁されると1分だけマニューバモードに移行します。

ファンタム・アビエイション物理法則を無視したかのような軌道を描き、瞬間移動のような動きで敵の攻撃をかわすことができます。

分身したように見せかけることもできるので、敵からすればかなりの目くらましになるでしょうね。

ただ、その分振動はすごく、体にとてつもない負荷がかかります。

ガンローダーに乗っていたマリナは、その振動で気絶してしまいました。

しかし、割とすぐに振動には慣れるようで、序盤にはみんな克服し、兵器で操作できるようになっていました。

さて、ガンウィンガーの必殺武器は、何といってもスペシウム弾頭弾

理論値では、なんとウルトラマンが発射するスペシウム光線と同じ威力が出せるほど!!

驚きですよね!

あのウルトラマンの必殺技と同じ威力の武器ですよ?

もう、大体の怪獣は倒せるんじゃ・・・ってぐらい、強力な兵器です。

メテオール、恐るべし!

ただし、あくまで理論値なので、抵抗等の関係で威力は劣っているのかもしれません。

その証拠に、第2話において、かつてウルトラマンジャックがスペシウム光線で粉砕したグドンには命中しても倒すことができませんでしたし、第17話では連発してもサラマンドラを焼き尽くすことはできませんでした。

それでも威力は凄まじく、第1話で全滅させられたディノゾールを、第11話では簡単に倒しています。

紛れもない、GUYSの快挙ですよね!

GUYSガンローダー

次に、ジョージとマリナが普段乗っているガンローダーです。

重粒子ビーム砲のバリアブルパルサーと連装旋回機関砲のダブルガンランチャーを放つことができます。

・・・何のこっちゃって話ですよね。笑

まあ、2種類のビームが撃てると思っておいてください。

ガンローダーもメテオール使用許可が下りればマニューバモードに変形可能で、ファンタム・アビエイションが使えます。

ガンローダーの必殺技はブリンガー・ファン

その名の通り、怪獣を持ち運ぶほどの強力な風を出すことができます。

第2話でグドンを吹っ飛ばしたのを見たときは、本当に驚きました・・・。

さらにその大風を利用して、第5話ではサドラが出した霧を吹き飛ばすベンチレーション・ボルテクサーを発動したり、第46話ではバラバラになったグローザムに対し、高熱の風を大量に広範囲に浴びせるマクスウェル・トルネードを食らわせてトドメを指したりしています。

バラバラになっていたとはいえ、暗黒四天王を倒したのはすごいですよね!

GUYSガンブースター

GUYSの第3の戦闘機とも言うべき機体が、高速追跡戦闘機・ガンブースターです。

東京・ニューヨーク間を数十分で移動するなど、かなりの化け物級の機体です。

第15話で初登場し、実にかっこいい活躍を見せてくれましたね!

(個人的にはジョージの「さあ、空中大サーカスの始まりだ!」が好きです)

ただ、操縦にはテクニックが必要で、ガンウィンガーほど甘くはいきません。

ビーム砲のアルタード・ブレイザーを放つことができ、最大の武器は6門のビーム砲を一斉発射するガトリング・デトネイターです。

そしてこのガンブースターのすごいところは、マニューバモード発動時にあります。

ガンウィンガーとガンローダーでは攻撃をかわすだけだったのに対し、スパイラル・ウォールという技を使うことができます。

これは何かというと、機体を回転させることでバリヤーを作り出し、攻撃をはじき返す技です。

自分の攻撃が跳ね返ってくるので、敵からしたらかなり厄介に思えるはずです。笑

第15話でグロマイトの火炎をはじき返して、弱点に当てていましたね。

ガンフェニックスストライカー

そして、ガンウィンガー、ガンローダー、ガンブースターが合体した大型戦闘機が、ガンフェニックスストライカーです。

ガンフェニックスに比べ、攻撃力や機動力が大幅に向上しており、宇宙空間への移動も可能となっています。

第21話で、ウルトラゾーンに吸い込まれた惑星探査機アランダスの救助に行くために初めて使われました。

クルーズモードの武器は、すべての砲門からビームを放射するバリアントスマッシャー

第47話で、メフィラス星人の宇宙船を粉砕していましたね!

マニューバモードに変形すると、さらに強力なインビンシブルフェニックスを放つことも可能です。

ガンフェニックスストライカーの形のエネルギー波をぶつけるという、はたから見ても「いかにも強そう」な技ですよね。

通常ではインビンシブルフェニックス・ディスチャージが使われ、こちらは第26話では初めて使われ、ベロクロンに大ダメージを与えていました。

そしてそして、ガンフェニックスストライカー最強の技が、インビンシブルフェニックス・パワーマキシマム!!

なんとこちら、第48話であのインペライザーを完全撃破!!

ウルトラマンタロウのストリウム光線やウルトラダイナマイトでも勝てなかったインペライザーをですよ??

もう、ウルトラマン要らないんじゃないかって思えてきますよね。笑

インペライザーに関しては、ウルトラダイナマイトより威力の弱いメビュームダイナマイトで撃破しているため、第29話の初登場時は初期補正がかかっていたとかいろいろ説はありますが・・・。笑

しかしいずれにせよ、エンペラ星人が送り込んだ侵略兵器を倒していることから、とにかく強力な威力を持っています。

GUYSガンスピーダー

ガンスピーダーは1,2,3,EXがあり、普段はガンフェニックスに内蔵されています。

ガンフェニックスに比べて軽いため、強い気流に流されたり、ツインテールの卵が割れて発生した気泡で動かなくなったりなど、決して強いとは言えません。

飛行はもちろん潜水や地上車両としても運用可能であり、武器としてはミサイル弾や超音波砲・フォノンメーザーを発射できます。

機体下部からはサイズミックエコーウェーブが照射でき、海底探査を可能にするという使い勝手のいい機体です。

ガンスピーダーはそんなに活躍する回はないのですが、第6話ではフォノンメーザーでツインテールの三半規管を潰したり、第9話ではミサイルを放ってボガールモンスに食われかけていたメビウスを救出したりなど、ちょこちょこ活躍してくれています。

ガンフェニックスとは違いアイアニックモーターという装置で動いているため、第44話ではフェニックスネストのシステムが機能停止になっても、ガンスピーダーだけは動かすことができました。

ガンクルセイダー

ガンクルセイダーは旧CREW GUYSの戦闘機で、一般機と隊長機の2種類あります。

デザインは隊長機にはファイヤーシンボルが描かれており、一般機は銀色です。

一般機には4連装並列型のロケット砲、隊長機には5連装のロケット砲が備わっています。

成層圏の飛行も可能で高性能な機体だと考えられていたのですが、第1話ではディノゾールの攻撃に歯が立たず、機体は全滅してしまいました。

このことがきっかけで、次に作られたガンフェニックスにはメテオールが搭載されたのです。

かませ役として弱いイメージがついたガンクルセイダーでしたが、なんと設計したのは設計したのは坂田次郎だったようです!

帰ってきたウルトラマンで郷秀樹からウルトラ5つの誓いを受け継ぎ、セリザワに教えたとされる人物ですね。

お兄さんの坂田健はスーパーカーの設計をしていましたが、兄弟似てますよね。

また、第49話にはガンクルセイダーMXという機体も登場します。

MXはMETEOR EXPERIMENTALの略で、スペシウム弾頭弾を発射できるようになっていたのです。

リュウとヒカリとザムシャ―が息を合わせてエンペラ星人に畳みかけるところは、本当にかっこよかったですよね!

シーウィンガ―

シーウィンガ―はGUYS OCEANの主力戦闘機で、攻撃はGUYSガンウィンガーとほぼ同じです。

ただ、海を防衛するOCEANの戦闘機だけあって、離着水能力やワイズクルージング機能という能力を持っていて、海面近くの高度を飛行することができます。

この能力は海上でしか使えませんが、レーダーに映りづらく、通常より少ない燃料で長距離を移動することができるのです。

マニューバモードに変形すると、スペシウム弾頭弾を左右から3発ずつ同時発射するスペシウムトライデントを撃つことができます。

第38話で登場したきりでしたが、かっこいいイサナの操縦テクニックが見られましたね!

ブルーウェイル

ブルーウェイルGUYS OCEANの移動式司令部で、大型の潜水艦です。

位置を知られないように常に海中を航行していて、めったに浮上しません。

シーウィンガーの母艦でもあり、作戦に応じて水中魚雷や爆雷、ミサイルといった様々な武器を搭載しています。

シーウィンガ―と同じく第38話に登場し、アリゲラをマリアナ海溝からおびき出す作戦に協力していました。

クルーたちの会話から、ブルーウェイルのミサイルや魚雷を海溝に打ち込めば、メガトン級の津波を引き起こせるほどの威力を持っていると分かります。

フェニックスネスト(フライトモード)

フェニックスネストは普段は作戦を立てたり機体を飛ばしたりするGUYSの基地となっていますが、フライトモードに変形すれば、フェニックスネスト自体も飛行することができます。

GUYS JAPAN最大の戦闘機というだけあって、そう気軽に飛ばせるものではなく、サコミズ隊長、またはミサキ総監代行にしかその命令権限はありません。

その分、大気圏離脱や宇宙空間の飛行も可能となっています。

メビウスでは、第26話と第43~45話に登場しました。

最大の武器であるフェニックスキャノンからは、ディメンショナル・ディゾルバーフェニックス・フェノメノンのような強力なメテオール弾の使用が可能となります。

特にフェニックス・フェノメノンは、太陽内で発生する核融合反応を利用したもので、その威力は1億ボルトにも及ぶ超絶強力イオンビームです。

フェニックスネスト自体、エンペラ星人やインペライザーの攻撃にも耐え抜いた強靭な造りをしており、攻撃においても防御においても、GUYS JAPAN最強の武器だと言えます。

まさにGUYSが誇る切り札ですね!

マケット怪獣の種類や強さは?

さて、ウルトラマンメビウスの中でもひと際ユニークな存在なのが、”とっておきのメテオール”・マケット怪獣ですよね!

ウルトラセブンのカプセル怪獣がモデルになっていて、ミクラスやウインダムの登場に胸を躍らせたウルトラファンも多いんじゃないでしょうか?(もちろん僕は大興奮でした笑)

ここでは、マケット怪獣たちの活躍や強さを振り返っていきましょう!

(エレキ)ミクラス

第4話で初登場したマケット怪獣が、ミクラスです。

ウルトラセブンでのミクラスは怪獣に倒される一方で弱い印象だったと思いますが、メビウスではさらに「怖がり」という設定も追加され、ただただ使えない印象でした。

クルーたちからも「弱そう」「ブサイク」などと酷評されていて、使えないフラグが漂っていましたよね。笑

しかし、コノミには懐いてコノミの言うことなら勇気を振り絞って戦い、ケルビムに立ち向かっていってくれました。

ミクラスは力持ちの怪獣で、寒さに強いという設定があります。

寒さへの耐性という設定は出てきませんでしたが、怪力設定は生かされていて、ケルビムを投げ飛ばしてくれました。

そして、第4話でのミクラスはそこまで使えそうにありませんでしたが、エレキミクラスに進化してからは一皮むけた感じがしましたね!

ネロンガとエレドータスの電流攻撃が使えるようになり、第9話では電流に弱いボガールを倒しかけたり、第8話では透明能力でボガールをかく乱したりしていました。

(エレキングのデータも転送する予定だったのですが、過去にエレキングに倒されたことが原因でトラウマ症状を引き起こし、ミクラスがエレキングのデータだけはじいてしまいました。)

第27話では、ゼットンも怯ませていましたね!

残念ながら怪獣を倒したケースはありませんでしたが、苦戦するメビウスを助けたりと、戦闘において活躍してくれたことは間違いありません。

セブンに出てきたミクラスと比べ、時間制限は設けられましたが、戦闘能力は強化されたのではないかと思います。

(ファイヤー)ウインダム

続いて、第11話で初登場したマケット怪獣がウインダムです。

最初は作戦に失敗してしまいましたが、第14話ではレーザーショットでインセクタスのメスを倒していました。

ウルトラセブンではウインダムは円盤を撃墜する程度でしたが、これは大活躍と言えますね!

ミクラスと違って聞き分けがよく、クルーの誰もが扱えるという点でも、使いやすいマケット怪獣でした。

第20話で阿波踊りみたいなのを踊らされていたのは笑いましたが・・・。笑

弱点は額のレーザーショットを打つ赤い部分なのですが、その設定は出てきませんでしたね。

第24話でファイヤーウインダムに進化するとより強化され、ホログラムのムカデンダーに圧勝していました!

ゼットンとパンドンという、ウルトラマンとウルトラセブンの最終回に登場した怪獣の火炎攻撃を取り入れていますから、弱いはずがありません。

さすがにバードンの火力には及びませんでしたが、セブンの頃のウインダムより、圧倒的に強くなっていると思います。

その他の武器

最後に、GUYSのその他の武器を紹介していきます。

1,200mmシンクロトロン砲

第10話でから登場した1,200mmシンクロトロン砲は、ボガール殲滅作戦時に使用されました。

残念ながらボガールには通用せず、セリザワにも「オモチャ」扱いを受けてしまいます。

あとは第49話にも登場し、インペライザー迎撃にも使用されましたが、同じく目ぼしい活躍はなく破壊されてしまいます。

強力な武器がそろうGUYSには珍しいかませ的な武器でしたね。

ライトンR30マイン

ライトンR30マインは、ウルトラセブンに登場したライトンR30爆弾がもとになっている強力武器です。

ライトンR30爆弾はキングジョーを倒した武器なので、相当強い武器だと言えます。

宇宙機雷として敷設されたライトンR30マインはディノゾールの大群を1体を除いて殲滅するという快挙を成し遂げています。

その威力から、第30話でインペライザーの殲滅作戦にも使われる予定でしたが、爆破前に瞬間移動されてしまいましたね・・・。

シルバーシャークG

シルバーシャークGも、かなり強力な武器です。

初登場は第16話で、リュウとジョージがオオシマ彗星を撃破していました。

GUYSのチームワークで隕石を粉砕した回で、威力についてはそこまで強いという描写はありませんでした。

元々はウルトラマンエースに登場した武器で、超獣に対抗する最強の兵器と言われています。

エースを破ったファイヤーモンスを一撃で粉砕する超兵器で、シルバーシャークGはその強化版というとんでもない武器です。

その証拠に、第49話でインペライザーを倒していますしね。

これについても、ストリウム光線で上半身を粉砕されても動いていたインペライザーが、ほぼ体が残っているのに倒されたことには矛盾を感じますが、強力な武器だということは間違いなさそうです。

AZ2006

最後に、第31話で登場したAZ2006です。

これはウルトラマンタロウで登場したAZ1974爆弾の改良型で、この時ZATは、一度タロウを敗退に追い込んだムルロアを倒しています。

莫大な破壊力を一点に集中させるミサイルで、移動式の発射台に搭載されています。

ロベルガー率いる円盤軍団を撃破するために起動されましたが、結局使われずに終わりましたね。

使われていたとしたら、もしかしたらロベルガーも倒せていたかもしれませんね!

まとめ

いかがでしたか?

GUYSは装備最強の防衛チームと言われる理由も、納得いくんじゃないでしょうか?

実は今回紹介したほかにも様々な武器を装備していて、第49話では普通の戦車も何台も登場しています。

攻撃目的でないなら、重力偏向板特殊磁場発生装置高分子プラスターGUYSタフブックなど、便利な道具がたくさんあります。

最終回で登場した、スペシウムエネルギーを増幅するファイナルメテオール「スペシウム・リダブライザー」なんかもそうですね。

強い武器、そんなに強くない武器いろいろありますが、性能や強さなどにも注目して見返してみると面白いですね!

<関連記事>

【ウルトラマンメビウス】思い出の先生の塚本は80と同じキャスト?客演俳優や生徒役についても解説!

ウルトラマンメビウスのヒルカワはクズなジャーナリスト!最低なセリフも紹介!

ウルトラマンメビウスは名作で面白い!評価の理由や泣ける神回を紹介!