汗明は髪型がカニ頭でネタキャラ?太鼓応援団やつまらぬ発言など人気で面白いシーンまとめ

キングダムの作中屈指の強キャラ・汗明

圧倒的な体の大きさとパワーで敵を打ちのめしていきますが、なんだか面白いキャラクターですよね。

今回は、汗明のネタ要素としてのキャラクターや面白いセリフをまとめてみました!

汗明は髪型がカニ頭でネタキャラ?

まずは、汗明のキャラクターを見ていきましょう。

汗明のキャラクター

汗明は楚国の総大将で、大柄な体格や圧倒的なパワーを持ち、「楚の巨人」と呼ばれています。

初陣以来負けたことがなく、自分を「超越者」「中華最強」「至強」などと自負しています。

実績もそれに損なわず、これまでも敵を真正面から討ち取り続けてきたのです。

中途半端に強い「自分を強者だと勘違いしている敵」を戒めに叩き潰していくことを自分の使命としていて、かつての秦国の六代将軍の一人・王齕(おうこつ)も一瞬で撃退してしまうという、とんでもない化け物です。^^;

合従軍の開戦の合図を任せられたりと信頼も厚く、敵国の兵士たちは汗明が戦場にいるだけで怖気づいてしまいます。

まさに自他ともに認める最強の猛将ですね!

髪型はカニ頭!

そんな最強格の強さを誇る汗明ですが、ちょっと、いや大分変わったところがあるんですよね。笑

例えば、その髪型。

真ん中は普通なのに両サイドの髪を上げていて、まるでカニみたいになっているんです。

実際に蒙武と一騎打ちをしたとき、「そのカニのごとき頭を叩き潰してやる」と言われています。

なぜそんな変な髪形なんでしょうかね?笑

強いけど、笑わせにくるネタキャラでもあるんでしょうね。

そういえば、楚軍の第1陣を任せられた臨武君(りんぶくん)という武将が登場しますが、臨武君もまた似たような髪型をしていますね。

彼の場合は真ん中はツルピカですが。笑

楚ではそういう髪型が流行っていたのでしょうか・・・?

汗明の人気で面白いシーンまとめ

次に汗明のネタキャラとしての要素が伺える、面白いシーンを紹介します。

ドドンドドンドン!太鼓応援団の「誰が至強か!?」

まずは、太鼓の応援団のシーンです。

函谷関での激戦の際、蒙武は楚軍に向かって進軍していきますが、その時に太鼓の音を聞きます。

ドドン・ドドン・ドン!ドドン・ドドン・ドン!

そして、兵士の掛け声が・・・。

「誰が至強か!?」「誰が至強か!?」「その息吹で巨石は砕け!その一振りで山は地に沈む!天下最強、漢の中の漢!!それは誰か!?」

派手な演出で蒙武の前に現れたのが、汗明でした。

たしかにこんな演出とともに巨人が出てきたら、相手は怯みますよね?笑

それにしても、汗明は登場のたびに毎回同じくだりをやっているのでしょうか?

兵士たちに「こういうセリフを言え」みたいに指示を出しているところを想像すると・・・何だか笑えてきますね。

しかも「誰が至強か!?」に対して自分で「汗明!」って言っちゃってるし。笑

戦いを「つまらぬ」と言う汗明

蒙武と一騎打ちをするシーンで、汗明は蒙武にこう言います。

「面白いことを教えてやろう。己が無双と悟った者が戦場で戦い何を思うか、それはただ一つ。『つまらぬ』だ」

そう、強すぎる汗明は、勝つことが当たり前になっていて戦いがつまらないとさえ感じていたのです。

まあ、たしかに強すぎるとそう感じるのかもしれませんが・・・この時の汗明は、なんか顔で笑わせにきてるんですよね~。笑

で、結局じゃあなんで戦うのかっていったら、中途半端に強いと名乗っている奴らを叩きのめすためなんですよね。

恐ろしいというか、面白いというか・・・。^^;

まとめ

いかがでしたか?

キングダム屈指の強キャラかつネタキャラ・汗明でした。

結局蒙武に敗れてしまいましたが、異色の存在感を放っていましたね!

今後もネタキャラは登場するのか、楽しみですね!

<関連記事>

成恢(せいかい)が作った轟丹丸はどんな毒性?張唐の死亡は史実なのかについても

汗明(かんめい)の武器の名前は?大錘(だいすい)は史実で使われたのかについても

汗明(かんめい)と蒙武(もうぶ)はどっちが強い?一騎打ちの勝敗を武力や強さで考察!

麃公(ひょうこう)将軍が龐煖(ほうけん)に敗れて死ぬ最後!盾や名言・火を絶やすでないぞォの意味は?

麃公(ひょうこう)将軍はかっこいい人気キャラ!好きだという評価や強さ・口癖を紹介!

【キングダム】ほうけんはいらない?うざいほどしつこいなど嫌われる理由を解説