ヒッチハイクで関門海峡へ!北九州のおすすめ料理まとめ

2019年8月4日、岡山県倉敷市を出た僕は、関門海峡に向かってヒッチハイクをスタートしました。

最初はどこに行こうか迷っていたのですが、福岡県の小倉にいる知り合いから連絡がきて、遊びに行くことに。

そして福岡県の門司や小倉を旅してきたので、今日はその時のお話をしたいと思います。

それでは、出発しましょう!

ヒッチハイクで関門海峡へ向かう

謎の体調不良:ネットカフェで震えが止まらない!

倉敷から下道で移動し、広島県の福山サービスエリアに到着。

そこから高速に乗って、一気に山口県の光市に入り、その日はネットカフェに泊まりました。

しかし・・・その夜、寒気がして目が覚め、震えが止まりませんでした。

冷房が効きすぎているというわけでもないのに謎の寒さに襲われ、「頼むから落ち着いてくれ!」と祈っても、体中がガクガクします。

「あ、これ熱が出るパターンだ・・・。明日の朝起きたらきっと発熱してるよ・・・。」

そんなことを覚悟しつつ、持っているだけのタオルや着替えを着込み、うずくまってじっとしていると、いつの間にか眠っていました。

そして、朝起きると・・・

あれ?

「震えが止まってる・・・。熱もないみたい。昨日のは一体何だったんだろう?」

昨日の夜は病院に行くことも考えたのですが、どうやらその必要はなさそうです。

旅の疲れなのでしょうか?あまり無茶しちゃいけませんね。(^_^;)

しかしまだ頭がボーッとしていたので、しばらく休憩していると、店員さんから声をかけられました。

「すみませんが、現在のお客様のプランですと、一度お会計を済ませてから再度ご利用していただく方がお得になりますが、いかがなさいますか?」

時間ももうお昼前。

体調もマシになったので、もう一泊はお金がもったいなくて、出ることにしました。

よろよろと外に出て、これからどうしようかと考えているところに、小倉にいる知り合いのおじさんから連絡が来たのです。

僕が山口にいると伝えると、泊めさせてあげるから遊びに来いよと誘われたので、「夕方頃には着けると思います!」と伝え、福岡を目指してヒッチハイクをスタートしました。

スマホをヒッチハイクした車に置き忘れる!

下道からスタートして高速に乗り換え、運転手さんとのおしゃべりも最小限に留めて体力を温存します。笑

高速では、中国自動車道の美東SAで下ろしてもらいました。

そこで、事件が起こります。

「次のSAは〜」と調べようとしたところで、はっ!と気がついたのです。

スマホが・・・ない!!

乗ってきた車の中に、スマホを置き忘れてしまったのです!

通常だと置き忘れた先に連絡して、郵送などで送ってもらったりできるのですが、ヒッチハイクの場合そうはいきません。

相手の連絡先も、住んでいる場所も知らないんですから。

こんなときはどうすればいいかというと、

・落ち着く

・その場を動かない

・自分のスマホに連絡を入れてみる

ということが大事になってきます。

結局、運転手さんがSAの売店に電話を入れ、「下道からSAに向かうから、そこで待っていて」と伝言を残してくださいました。

車の中にスマホを置き忘れるのはめちゃくちゃ焦りますし、多くの人に迷惑をかけるので、忘れ物の確認は本当に重要ですね。

そんなこんなで時間を浪費しつつも、ヒッチハイクを再開して、夕方には無事に関門海峡まで辿り着くことができました!

人道トンネルを渡る

以前ヒッチハイクで九州に来た時には高速で橋を渡ったので、今回も車で渡れる場所を探しますが、付近には見当たりません。

聞いてみると、本州と九州を行き来するには車道と人道があるけれど、その場所は結構離れているそうで・・・。

その場所から車道用には行きづらいと言われたので、人道トンネルを渡って九州へ行くことにしました。

関門海峡の人道トンネル入り口。

中に入ってから、エレベーターで地下に降ります。

いよいよ、トンネルをくぐって九州に入ります!

どれだけかかるんでしょうか?向こうが見えません・・・。

5分ほど歩くと、山口と福岡の県境の印が!

そこで折り返して、向こう側に着いたのは13分ほどでした。意外と早いですね。

僕は大荷物を背負っていたので、足の速い人なら10分ぐらい、ゆっくり歩いても15分もあれば渡り切れるんじゃないでしょうか?

そのあとは、エレベーターに乗って地上に上がれば、もう福岡です。

やっと、たどり着くことができました!

門司・小倉観光

レトロな門司港駅と名物焼きカレー!

その後、またヒッチハイクをして待ち合わせの門司港駅に到着です。

途中トラブルがあったにもかかわらず、ほぼ時間通りです!笑

門司港駅。レトロな雰囲気があって、おしゃれな様相ですね!

しばらく待っていると電車が到着し、おじさんが降りてきました。

幼い頃、病気で足を悪くされたため、車椅子に乗っています。

「お〜い!!久しぶりやの〜う!」

周りに人が大勢いるというのに、大声で叫び、ハグしようとしてくるおじさん。笑

「ちょっ・・・!恥ずかしいからやめてくださいよ〜 ( ;∀;)」

「何言うんちゃ!久しぶりの再開なんやけハグぐらいせんかい!」

そう、この人かなりキャラが濃いです。笑

歓談しつつ、まずは門司港で名物の焼きカレーを食べに行くことに。

多くの芸能人も食べに来たことのあるというお店だそうで、普段は行列ができるらしいのですが、夕方ということもあり並ばずにお店に入れました。

待ち時間も、店員さんにちょっかいを出すおじさん。相変わらずテンション高いな〜(^^;)

そうこうしているうちに、焼きカレーが出てきました。

値段は1500円。カレーライスにチーズを載せて焼いたもので、ドリアのカレーバージョンみたいな感じです。

食べてみると・・・チーズとカレーが混ざり、濃厚な風味でめちゃくちゃ美味しかったです!

熱々なので、やけどには気をつけてくださいね。

カレーを食べた後は、おじさんの家に向かうため、小倉に向かいました。

小倉駅のフードコート美味しいお店がいっぱい!

おじさんの家でシャワーを浴び、ご飯を食べに出かけます。

場所は、小倉駅のフードコートに行きました。

フードコートにもかかわらず、刺身の食べられる居酒屋や串カツ屋さんもあって驚きました。

そして、魚がうまい!!

中でもぶりかまの塩焼きは、脂が乗っていて身も柔らかく感動的でした!

締めはもちろん博多ラーメン。

豚骨スープに細麺とチャーシュー、キクラゲ、ネギ、紅しょうががトッピングされていて、そこにおろしニンニクを加えていただきます。

やはりこれも美味しいんですよね〜!

大満足で小倉駅を後にして、おじさんの家に帰りました。

その日の夜は、生まれて初めてハンモックに寝かせてもらいました。

ハンモックは揺れるので最初は入りづらいのですが、一度入れば出たくなくなりますね。笑

僕の身長からすると少し小さかったですが、良い体験になりました。

北九州で食べたおすすめ料理

翌8月6日は台風もあり、おじさんの家にもう一泊させていただき、一緒に買い物や、近所の案内などしてもらいました。

そして7日の朝、また人道トンネル近くまで送っていただき、2泊3日の北九州滞在は終わりました。

この間に僕が食べた、北九州の美味しいものをまとめてみました。

この記事で書いたものは、門司港駅近くの焼きカレー、魚介類(特にぶりかまの塩焼き)、博多ラーメンでしたね。

他にも、近所のスーパーで買ってきたものの中にも、みなさんにおすすめしたいものがあります。

明太子:旨味が凝縮!

まずは、明太子。

福岡といえばこれですよね。笑

おつまみに出してもらったのですが、辛さはそんなになく、食べやすかったです。

そして旨みが凝縮されていて、ビールと非常によく合います!

・・・っておっさんみたいな感想ですが、本当に美味しいのでこれはおすすめです。笑

たこ焼き:激安!

普通にスーパーで売っているたこ焼きですが、こちらは美味しさが〜というより、値段が安くて驚きました。

たこ焼きといえば、6〜8個入りで400円とか考えるんですが、そのお店では6個入りで200円!

味はスーパーで売っているお惣菜と同じぐらいでしたが、安くお腹を膨らませたいときはおすすめです。

醤油:本州と違って甘い味!

これはフードコートの魚が美味しかった居酒屋でのこと。

刺身を食べたときに思ったのが、醤油の味が甘い!

そう、九州の刺身醤油は、甘みが効いているのです。

九州に行ったときは、刺身だけでなく、醤油の味にも注目してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

福岡にたどり着くまでいろいろハプニングがありましたが、なんとか対処できました。

旅はハプニングが付き物ですが、人に迷惑をかけるハプニングもあるので、忘れ物には気をつけましょうね。笑

今回訪れたのは九州のほんの一部でしたが、それでもすごく楽しい思い出ができました!

美味しいものも含め、まだまだ見どころはたくさんあるので、また行きたいと思います!

それでは、また次の記事でお会いしましょう!(^O^)/