上弦の陸・堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)が強い!血鬼術の強さについても

鬼滅の刃遊郭編で登場する上弦の陸(ろく)の堕姫(だき)妓夫太郎(ぎゅうたろう)

兄弟の鬼なのですが、凄まじい強さを持っています。

彼らはどんな血鬼術を持っていて、どのような戦いを繰り広げるのでしょうか?

その実力を解説していきます!

この記事でわかること
・上弦の陸・堕姫と妓夫太郎の強さは?
・血鬼術はどのようなもの?
・他の鬼と比べても強い?

上弦の陸・堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)が強い!

まずは、堕姫と妓夫太郎の強さについて見ていきましょう!

兄弟のコンビネーションが強い!

堕姫と妓夫太郎、2人の強さの秘密は兄弟のコンビネーションです。

強いけれども柱には及ばない妹の堕姫を、面倒見のいい兄・妓夫太郎が助けてやっているのですが、2人のチームプレーは厄介です。

通常の鬼なら日輪刀で首を斬れば死にますが、堕姫の首を斬っても中から妓夫太郎が出てきて堕姫の首をくっつけていました。

これを見て、音柱である宇髄天元(うずいてんげん)2人の首を同時に斬り落とさないといけないことに気づきます。

妓夫太郎は上弦の鬼ですし、堕姫も炭治郎を追い詰め、禰豆子でも仕留められないほど。

強い2人の首を同時に斬り落とさなければいけないのは難しいですよね。

一人だけの首を斬り落としてもすぐに復活してしまうので、2人同時に斬り落とされないように気を付けて戦っていればいいわけですから。

さらに堕姫と妓夫太郎は一人が戦っている間にもう一人が不意打ちで襲ってきたりと、互いをカバーするようないいコンビネーションを見せています。

さすがは兄弟の鬼といったところですね!

スピードや反射神経が速い!

次に、反射神経やスピードが速いという点です。

堕姫はあっさりと天元に首を斬られてしまいましたが、妓夫太郎はそうはいきません。

天元の攻撃をサラッとかわし、上弦の鬼だと確信させています。

また炭治郎と天元が前後から斬りかかったときも、前で炭治郎の刀を受けつつ、首を180°回転させて後ろを向き、天元の刀を口で咥えて受けています。

炭治郎と音柱相手にとっさの対応までできるのは、相当反射神経がいい証拠ですよね。

さらに妓夫太郎の放つ血鬼術・血鎌(ちがま)は、かなりの速さの斬撃を一度に複数回放つことができ、天元にも食らわせています。

天元の攻撃はかわすのに天元には攻撃を食らわせていることから、明らかに天元より早いスピードを持っていると考えられますよね!

2つの首を同時に斬らなきゃいけない上にスピードまで速いなんて・・・。

血鬼術や毒が強い!

そして極めつけは、その血鬼術です。

花魁である堕姫の血鬼術は帯を操ることで、血鬼術で作り出した帯を自由に操作できる能力を持っています。

またその帯の中に人を閉じ込めることもできるため、厄介な技と言えますね。

ちなみに帯で取り込んだ人は保存しておいて、後で食べるためのようです。

この中に善逸や天元の妻であるまきを、須磨(すま)も閉じ込められてしまいました。

危なかったですね。

妓夫太郎の血鬼術は上で書いたように「血鎌」と呼ばれるもので、文字通り血でできた鎌を斬撃として浴びせるという技です。

これは猛毒を含んでいるので、食らってしまうと体が切断されるだけでなく毒に侵されて死んでしまいます。

当たれば普通の者なら即死ですね。

天元は特別に毒に耐性のある体で、しかも呼吸によって血のめぐりを遅らせていたのですが、それでも瀕死の重傷となってしまいました。

そんなに強力な毒を持つ斬撃を妓夫太郎は持っているのです。

堕姫と妓夫太郎が強いという声

それでは、堕姫と妓夫太郎が強いというネット上の声を見ていきましょう。

挙がっていた声としては、妓夫太郎は上の上弦の鬼よりも強いんじゃないか?というものがありました。

それほど天元たちは苦戦を強いられていましたからね。

また妓夫太郎は人間時代から喧嘩が強かったので、鬼になるとやはり強いというのが納得できるという声でした。

堕姫についても、柱相手には叶わず結果的に妓夫太郎の足手まといとなってしまいましたが、それでも炭治郎が戦闘不能になるほど追い詰めていたので十分強いですよね。

そんな堕姫が足手まといと言えるほど天元も妓夫太郎も強いということですが・・・。

遊郭編のアニメ放送が楽しみです!

血鬼術の強さについて

続いて、堕姫と妓夫太郎の血鬼術の強さについて解説していきます。

堕姫の血鬼術:八重帯斬り(やえおびきり)

堕姫の血鬼術は帯の硬度や動きを自由自在に操り、斬撃を仕掛けるというものです。

そしてその堕姫の技の最も強い必殺技が八重帯斬り(やえおびきり)です。

これは堕姫の8本の帯を重ね、網のように交差させて斬撃を浴びせるものです。

必殺技というだけあって当然堕姫が出せる最高強度の帯の硬さと鋭さになっていて、スピードもそれ以外の攻撃を大きく上回っています。

この攻撃の厄介なところは、捉えた敵の逃げ道を塞いでしまうところ。

逃げ道を失った炭治郎は、斬撃を日輪刀で受けるしかありませんでした。

並みの剣士では、帯の速度や強度に耐え切れず命を落としてしまったかもしれません。

それどころか、何が起こったか分からないうちに帯に切断されているかもしれませんね。

妓夫太郎の血鬼術:血鎌(ちがま)

妓夫太郎の血鬼術は血鎌(ちがま)ですが、これを応用した3つの必殺技があります。

一つは飛び血鎌と呼ばれるもので、文字通り血鎌を飛ばす技です。

放たれた血鎌は動きを変えられるという厄介な性質を持っていて、一度避けられても標的に当たるまで追いかけまわすことができます。

つまり、猛毒の斬撃が当たるまで追いかけてくるというわけだな!

2つ目は跋扈跳梁(ばっこちょうりょう)で、これは体の周りを斬撃で囲むことで自分を守る技です。

攻撃が行えるバリアのようなもので、使い勝手はよさそうですね!

3つ目は円斬旋回(えんざんせんかい)・飛び血鎌であり、血鎌を腕に巻き付けて攻撃する技です。

これは広範囲での攻撃ですが近距離戦に向いていて、炭治郎や天元の刀と斬り合いをしています。

これらすべての攻撃技は広範囲であり当たれば猛毒で死んでしまうことから、トンデモなく強い必殺技であるといえますね!

天元の相手にふさわしいド派手で強力な技を繰り出していきます。

まとめ

いかがでしたか?

上弦の陸である堕姫と妓夫太郎について、その強さの理由や必殺技について見てきました。

堕姫は妓夫太郎には及ばないまでも鋭い技を持っていて、遊郭編を盛り上げてくれます。

妓夫太郎は上弦の鬼に恥じないような強さで、陸とはいえ上弦の鬼の強さを存分に伝えてくれるものでした。

アニメ遊郭編での彼ら兄弟の活躍に注目です!

<関連記事>

鬼滅の刃・宇髄天元の嫁の名前や年齢は?3人いる理由や死亡するかについても

鬼滅の刃・雛鶴(ひなつる)は宇髄天元の嫁!クナイや死亡するかについても

鬼滅の刃・まきをは宇髄天元の嫁!雛鶴・須磨との関係や死亡するかについても

鬼滅の刃・須磨(すま)がかわいい!人気の理由やバイの設定についても

鬼滅の刃・宇髄天元がイケメンでかっこいい!優しい性格や魅力を解説!

鬼滅の刃の音柱・宇髄天元の強さは?必殺技・音の呼吸や譜面の能力についても

鬼滅の刃・宇髄天元が柱を引退した理由は?最後どうなるかについても

鬼滅の刃・宇髄天元の過去は忍者?兄弟やなぜ鬼殺隊に入ったかについても

宇髄天元の爪のネイルや目の色は?ロン毛の髪型や着物・羽織についても

遊郭編で宇髄天元は誰と戦う?上弦の陸・鬼の名前や死亡するかについても

堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)のかわいそうな過去とは?本名や最期についても

宇髄天元と善逸(ぜんいつ)の関係は?継子(つぐこ)と呼ぶ理由についても

鯉夏花魁の死亡・生存の結末は?その後どうなったかについても

鬼滅の刃・鯉夏花魁がかわいい!お菓子など優しいシーンについても