王様ランキングのヒリングが優しい!可愛いシーンや治癒能力についても

『王様ランキング』で、ボッジの義理の母親であるヒリングが登場します。

彼女は何か不都合があるとすぐに死刑だと言うなど、とてもヒステリックな性格をしていますね。

しかし本当のところは優しい女性なのだということが明らかになってきます。

今回はそんなヒリングについて、優しいシーンやかわいいシーン、彼女の持つ治癒能力について解説していきます!

この記事でわかること
・ヒリングって本当は優しいの?
・ヒリングのかわいいところって?
・ヒリングが持つ治癒能力ってどんなもの?代償とかはあるの?

【王様ランキング】ヒリングが優しい!

まずは、ヒリングの優しい一面を見ていきましょう。

普段はヒステリック!

ヒリングの第一印象としては、誰もが「ヒステリック」と答えるんじゃないでしょうか?

彼女は普段から気に入らないことが起こるとすぐに「死刑にしなさい!」と言って配下の者を黙らせます。

気性が荒く、カゲからは「ヒステリック・ボインババア」と呼ばれるほど。w

口の聞けないボッジのために剣術指南役のドーマスに手話を教え、コミュニケーションをとれるようにしたのですが、ドーマスが「喜んでくれるでしょうか?」と尋ねると、「そんなの知らないわよ!」と一蹴。

うわ、キツい性格・・・。

思ったこともそのまますぐに口にしてしまうようで、後で一人反省することも度々・・・。

さらにそれに気づかれるとその者にもキレてかかる始末。

正直、あまり関わりたくないタイプですね。w

ところがそんなヒリングも、物語が進むごとに実は優しい性格だということがわかってくるのです。

ヒリングの優しい一面

ヒリングはボッス王の後妻で、ボッジとの血縁関係はありません。

ボッス王とヒリングとの間に生まれた子はダイダといい、ヒリングにとっての実の息子です。

キツい性格のヒリングからして、ダイダを可愛がりボッジを遠ざけるんじゃないかって思いますよね?

しかし彼女は2人の息子を平等に愛し、実の息子ではなく口もきけないボッジにもちゃんと母親として接するのです。

例えばボッジがダイダとの剣術の試合を行ったとき、ボッジはボロボロになって怪我を負ってしまいました。

ヒリングは治癒魔法を使い、そんなボッジを回復させます。

さらにヒリングがその治癒魔法でしおれていた花を復活させたとき、ボッジがその光景を見ていて、もっと見たいとせがみました。

治癒魔法は大量に使うとかなり疲れますが、なかなか心を開かないボッジを喜ばせようとヒリングは頑張ります。

生まれつきハンデがあり周りにもなかなか心を開かなかったボッジは、そのヒリングの優しさに触れ、心を開いていくのです。

また彼女は自分の息子であるダイダをボッス王の後継者にしようと画策するのですが、それもボッジのことを思ってのこと。

弱くて人望が薄いボッジが国王になると、きっとこの先苦労することになると予想してのことでした。

このようにヒリングは、一見ヒステリックでキツい性格見えますが、ちゃんと愛情をもって息子たちに接そうとする心優しき母親だったのです。

ヒリングの可愛いシーン

続いて、ヒリングの可愛いところを見ていきましょう!

見た目がかわいい!

ヒリングのかわいいポイント、まずはその見た目です。

ユニークな絵柄で描かれる王様ランキングのキャラクター達ですが、ヒリングは美人に描かれていますね。

さらにそんな美人が普段ツンツンしているとなると萌えるのも分かりますね。w

ヒリングがかわいいといった声は非常に多かったので、アニメでさらにファンが増えそうですね!

ボッジに対して不器用なヒリング

ボッジへの接し方が不器用なことも、ヒリングの可愛いポイントです。

ヒリングはボッス王の後妻のため、ボッジとは実の親子ではありません。

ボッジは生まれつき体が弱く口も聞けなかったので、周囲からの期待や人望はうすく心を閉ざしがちでした。

ヒリングはボッジにもダイダと同じように接したかったのですが、普段のヒステリックな性格のためなかなか心を開いてくれません。

どう声をかけたらいいか分からずアタフタするところも不器用で可愛いですね。w

その不器用な優しさに泣けるといった声もあり、かなりの人気があります。

やがてボッジにも愛情は伝わり心を開いていくのですが、その過程を見るのも楽しみですね!

治癒能力について

最後に、ヒリングの持っている治癒能力について解説していきます。

ヒリングは名前から想像できると思いますが、ヒーリング(治癒)の能力を持っていて傷ついた者を回復させることができます。

ボッジがダイダと剣術の試合をしたときボコボコにされてしまいますが、傷ついたボッジを回復させたのも彼女でしたね。

彼女は元僧侶であったため回復能力を使うことができるのですが、その行為は自身の体に大きな負荷をかけます。

そこで人間の治癒を行う時はポーションを飲んで自分の体力も回復しながら行うのですが、そのポーションというのがめちゃくちゃ苦いのです。

治癒をするときはその苦みに耐えながら行い、終わったらぐったりとして朝まで眠ってしまいます。

ヒリングがよくマッサージをしてもらっているのも、疲労を取り除くためなのです。

人を治すのにもリスクがあるんだな・・・。

ボッジが塔から突き落とされたときヒリングがポーションなしで慌てて治療したため、その場で倒れてしまいました。

普段は持久力があるためそのようなことは起こらないのですが、慌ててするとそれだけ負荷が大きくなるということですね。

ヒリングはこのような負荷を負いながら、家族や味方の治癒を行ってきたのです。

まとめ

いかがでしたか?

ヒリングは普段はヒステリックですが、ダイダにもボッジにも優しく愛情深い女性です。

その性格だけでなく見た目や仕草も可愛いため、人気が高いですね。

元僧侶ということから治癒能力をもっていますが、とても苦いポーションを飲んで治療に当たり、終わった後もぐったりとしてしまうほどダメージを負う行為だったのです。

ヒリングのこれからの活躍も楽しみにしたいですね!