王様ランキング・ミランジョの正体や目的は?過去や魔神との約束についても

王様ランキングで黒幕的存在となってくるミランジョ

一体彼女の正体は何者で、その目的は何なのでしょうか?

ミランジョの過去について知ると母親や魔神の存在が明らかになってきたので、今回はそれを解説していこうと思います。

それでは、さっそく見ていきましょう!

この記事でわかること
・ミランジョの正体は何者?
・ミランジョの活動目的は?
・ミランジョの過去は何があったの?
・ミランジョと魔神との関係や交わされた約束はどういうもの?
・ミランジョは最後どうなる?

王様ランキング・ミランジョの正体や目的は?

まずはミランジョが何者かということから解説していきます。

ミランジョの正体は普通の人間!

ミランジョは鏡の中に入っていますが、元々は人間でした。

ところが魔神と契約したことにより、魔法の鏡の中に閉じ込められてしまったのです。

詳しいいきさつは後で触れますが、ミランジョの人生には魔神が大きく関わってくるのです。

彼女は魔法立国ホウマというところで生まれ育ち、母親とともに暮らしていました。

そこへあるときボッジの父親・ボッスが訪れ、ミランジョたちと出会います。

ミランジョはボッスを愛していたので、最強の男になりたいと願っていたボッスのために魔神を紹介します。

そこでボッスは最強となるのですが、ミランジョはそのころから人間の心を失っていきます。

ボッスのために人を殺したり王国の転覆を図ったりと暗躍し、ボッジたちを苦しめることになるのです。

物語の黒幕であるミランジョですが、その正体はただの人間だったんですね。

ミランジョの目的はボッスとともに暮らすこと!

そんなミランジョの目的は、ボッスとともに暮らすこと。

そのためにミランジョは邪魔なボッス王国の転覆を図ろうとしていたのです。

冥府の国の罪人たちを解き放ち、オウケンを筆頭とする集団にボッス王国を襲わせたのもそのためですね。

またボッスは魔神と契約してその強さを手に入れたのですが、その契約の条件として、ボッスの寿命を差し出すというものがありました。

短い命のボッスですが、そこでもミランジョは何とかボッスを復活させようと試みます。

ミランジョはそのために、何とかしてボッスの依り代となる体が作れないかと考えたのです。

誰かの体を犠牲にして、ボッスの心を宿そうというわけですね。

そこでもう子供を産めないボッスの妻・シーナを殺害。

シーナに子どもができないのは、シーナが属する巨人族という人種が一人しか子供を産めないからなんだって!

後妻・ヒリングを迎えたボッスに新しく息子・ダイダができると、ダイダを依り代とすべく動き出します。

このようにミランジョの行動すべての動機は、ボッスと2人で暮らす幸せな時間を守りたかったということなのです。

ただ他人を犠牲にしてでもというところが、彼女を悪役とさせている要因ですね。

ミランジョの過去について

続いて、ミランジョの過去や彼女の母親について解説していきます。

母親とボッスと3人で暮らしていた

ミランジョは魔法立国ホウマで生まれ育った女の子ですが、ボッスに父親を殺されてしまいます。

あるとき世界一強い男を目指していたボッスが武者修行のためにホウマを訪れ、ミランジョの父親と対戦するのです。

魔法を使う相手との戦いに慣れておきたかったボッスでしたが、加減が分からずに殺してしまったのです。

ところが相手も反撃していたので、ボッスはそこで深手を負ってしまいます。

それを見かけたミランジョの母親は彼を助け、3人で一緒に過ごすことになったというわけです。

夫を殺されたにもかかわらず手厚く手当てしてくれたミランジョの母親。

優しいですね。

ボッスは父親を奪ってしまったお詫びに、ミランジョの成長を見守ることにしたのです。

後にボッスと2人だけの世界を作ろうと暴走したのも、ミランジョにとってはボッスが父親のような存在だったからなのでしょうね。

ボッスも後にミランジョのことを、「私の子であり、母であり、そして師のような存在だ」と語っています。

お互いがお互いのことを大切に思っていたんですね。

戦争で母親を亡くす

ところがそんな幸せの中、ミランジョを悲劇が襲います。

そのころホウマは神々を相手に戦争をしていましたが、それが激化。

そこでホウマは隣国のギャクザという国と同盟を結ぶことにしたのです。

しかしこのギャクザという国はホウマを裏切って、神々の勢力に加担してしまいます。

敗戦色が濃くなったホウマで次々と国民が殺され、ミランジョ一家にもその手が及びます。

ボッスは何とかミランジョを救い出しますが、母親の方は殺されてしまったのです。

ミランジョは父親に引き続き、母親までも亡くしてしまったんですね。

ミランジョの過去も、壮絶で悲劇的だったのね・・・。

悲しみのどん底にいたミランジョを支えたのは、ボッスでした。

やがてミランジョの心が落ち着いてくると、彼女はボッスの世界最強になる夢を後押ししたいと考えるようになるのです。

魔神との約束について

最後に、彼女の人生に大きく影響を及ぼした魔神との約束について見ていきましょう。

魔神にはお願いをしないと約束していた

それは、ミランジョがまだ1歳のとき。

彼女は森で動物たちと遊んでいました。

するとそこには同い年ぐらいの内気な男の子がいたのです。

ミランジョが話しかけると、その男の子はさっと逃げて行ってしまいます。

森の奥の方まで男の子を追いかけていたミランジョは迷子になって帰り方が分からなくなって泣き出してしまいますが、こっそり隠れていた男の子が現れます。

2人は打ち解け、仲良く手をつないで帰ることになりました。

その男の子こそが実は魔神で、これがミランジョと魔神との出会いだったのです。

すっかり仲良くなった2人でしたが、魔神の子はいつも何かに怯えていました。

実は魔神というのは誰かの願い事を叶える力を持っているのですが、その願いを叶えるたびに普通の人間の姿から醜い怪物のような姿に変わってしまうのです。

そんな自分の運命が嫌で魔神は泣いていたのですが、心優しいミランジョはその子に「お願いなんてしない」と約束したのです。

このときに交わした約束が、後に大きく影響していくことになるのです。

約束を破ってしまったミランジョ

やがてミランジョも大きくなり、ボッスと出会って旅に出るようになります。

ボッスの「世界一強い男になりたい」という願いを叶えたいと思ったミランジョは、ボッスが自分の力に限界を感じたとき、願いを叶える魔神のことを思い出します。

幼いころに「お願いはしない」と約束していたミランジョでしたが、ボッスの願いを叶えてあげたいという思いには勝てませんでした。

ミランジョは幼いころに交わした約束を破り、ボッスに魔神のことを紹介してしまうのです。

しかしその頃には魔神はすっかり怪物の姿になっており、ミランジョは泣いて謝ります。

ミランジョがボッスに魔神を紹介するまでに、魔神は多くの人の願いを叶えてしまっていたのね・・・。

魔神はボッスとミランジョの願いを聞き届けますが、約束を破ってしまったミランジョはその頃から人間の心を失っていくのです。

ボッスのためなら手段を択ばないことを覚悟したのかもしれません。

ミランジョが鏡の中に入った理由

ミランジョは鏡の中に入っていますが、その理由はなぜなんでしょうか?

詳しく解説していきます。

ミランジョはボッスが亡くなった後、復活させるための依り代を作るためにボッジの母親・シーナを殺害し、新しい妃ヒリングを迎えさせることに成功します。

ところがシーナはボッスと同じ巨人族。

かなり強い戦闘力を持っていたので、ミランジョは深手を負ってしまいます。

あまりにも大きなダメージを負ったミランジョは死にかけてしまいます。

今死んでしまったら、ボッスを復活させることができなくなってしまう・・・。

どうしても死にたくなかったミランジョは、再び魔神にお願いをしてしまうのです。

「今死ぬわけにはいかないから助けて」と。

幼い日の約束を2度も破ることになったミランジョに、魔神は条件をつけます。

今度ミランジョが命を落としたときはミランジョの魂を魔神が喰らうことにすると。

魔神に魂を喰われると、その者は永遠に抜け出せない痛みと苦痛を味わうことになります。

それも承知でミランジョはお願いをし、魔神によってその魂を鏡へと移されます。

これによって、肉体は死んでも魂だけは何とか生き延びられたことになります。

ミランジョが鏡の中に入っていたのは、肉体が死んでも生きながらえるためだったんですね。

ミランジョの最後について

ボッスのためだけに暗躍し続けたミランジョですが、どのような最後を迎えるのでしょうか?

ボッジによって鏡を割られる

ミランジョの鏡は彼女の魂を移したものなので、それが割れるとミランジョは魂を魔神に喰われ、本当の意味で死ぬことになります。

そのため滅多なことでは割れないようにできているのですが、それを割った人物こそボッジでした。

冥府の国の罪人たちをボッス王国に入れ国家転覆を図ったミランジョでしたが、復活したボッスがオウケンを封印したことで鎮圧されます。

ボッジはボッスに体を乗っ取られたダイダを救うためにボッスと戦い、勝利します。

さらにボッジは因縁をぶち壊すため、ミランジョの鏡を割ることにしたのです。

普通なら割れない頑丈な造りですが、ボッジの針剣は物体と物体との結合部の弱い部分を突きピンポイントでダメージを与えるというもの。

さすがボッジですね。

ミランジョの鏡は割られて、魂を喰らうべく魔神が現れたのです。

ミランジョも、儚い命だったのね・・・。

最後はダイダと結婚する

本当にミランジョはここで死に、永遠の苦しみを味わうのでしょうか?

普通ならここで死ぬところなのですが、王国の者たちはミランジョが辿ってきた悲劇を知っていたので、何とか彼女を救おうとします。

デスパーは魔神に雷を落とし、隊長がその首を切断してしまいます。

まだ生きている魔神に「首を返してほしければ、我が願いを叶えよ!」と叫ぶデスパー。

こうなっては魔神も、願いを聞き入れるしかありませんね。

冥府の国の罪人・オウケンの呪いを解こうとしたデスパーたちですが、ここでボッスと分離され元に戻ったダイダが叫びます。

「魔神よミランジョを生き返らせてくれ!」

驚きですよね。

自分を罠にはめた女を助けようだなんて。

実は以前にボッスはダイダに自分の過去の記憶を見せていたことがあるのです。

ミランジョは本当は悲劇を背負った人物であることをダイダも知っており、彼女を助けたいと思ったのです。

そしてミランジョは無事に生き返り、2人は抱き合いました。

父親が最後まで気にかけていたミランジョ。

そんな彼女のことを、ダイダも救いたいと思っていたのでしょう。

その場でミランジョにプロポーズして、なんと2人は結婚することになるのです!

ダイダの心の広さに驚かされますね。

おそらくミランジョの人生は、ここからハッピーエンドに向かっていくでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

王様ランキングで悪役のような存在となるミランジョでしたが、彼女もまた一人の人間であり、悲しい過去を背負った人物だったんですね。

ボッスへの想いだけを抱えて行動してきた結果他の人には大迷惑をかけ、ボッジの母親をも奪ってしまった彼女ですが、最後の最後に救われて良かったですね。

かなり不気味な存在でしたが、回を重ねるごとに過去が明らかになっていき、ミランジョというのがどういう人物なのかが分かってきます。

アニメでもどうなるか、しっかり見届けていきたいですね!

<関連記事>

【王様ランキング】オウケンの能力は?最後や復活するかについても

王様ランキングのカゲの正体は何者?過去や死亡するかについても解説!

王様ランキングのヒリングが優しい!可愛いシーンや治癒能力についても

王様ランキングのボッジが強い!読唇術などの才能・能力を解説!

王様ランキングのボッスの目的は?死亡・復活するかや最後についても解説!

王様ランキングの一位は誰?キングボの父や強さランキングの順位についても