【現実主義勇者の王国再建記】ヒロインのリーシアは強い?結婚・妊娠後どうなる?

アニメ『現実主義勇者の王国再建記』でヒロインとして活躍するリーシア。

彼女の基本的なプロフィールや軍人としての強さはどれくらいなのでしょう?

また、父親のアルベルトによって無理やり結婚が決められてしまいますが、その後どうなっていくのかについても解説していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう!

現実主義勇者の王国再建記:ヒロインのリーシアは強い?

まずは、リーシアのプロフィールや戦闘能力から解説していきます!

リーシアのプロフィール

本名リーシア・エルフリーデン

ソーマの先代国王である、アルベルト・エルフリーデンの娘です。

王女でありながら、士官学校を卒業して陸軍に所属していました。

詳しい年齢は明かされていないのですが、士官学校を卒業していることから20代前半ぐらいなのではと推測しています。

身長についても、特に高身長や低身長といった情報はないのですが、舞台がヨーロッパ風であることと先ほどの年齢から、ヨーロッパ各国の20代女性の平均身長である165㎝ぐらいなのではないかと考えられます。

かなり大雑把な推測にはなりますが・・・。笑

また、リーシアはヒロインだけあってやはり可愛いです。

ソーマともお似合いで、赤い軍服姿が良く似合っているので注目です!

リーシアの戦闘能力と氷魔法

リーシアは陸軍に所属していたこともあり、かなり強い女の子です。

人並はずれた戦闘能力を持っていて、ジャンプ力や脚力も普通にソーマを越えてきます。

俊敏な動きもでき、アイーシャとの練習においても、アイーシャが放った攻撃を華麗にかわしています。

また水系統の氷魔法を使うことができ、水を無数の刺の形に変形させ凍らせた氷剣山(ひょうけんざん)を放つことができます。

他にも水を好きな形に変形させることで力を生み出し、氷魔法として使いこなせるので、一般兵相手なら余裕で勝てるでしょう。

実際、戦闘能力の高さを買われて前線で戦うこともあるほど・・・。

鍛え抜かれた戦闘能力と氷魔法が、彼女の強みなのです。

結婚・妊娠後どうなる?

続いて、ソーマと結婚した後にどうなっていくのかを解説します。

ソーマと愛し合う仲に

アルベルトによって無理やり結婚させられた2人でしたが、その後の生活はうまくやっていけるのでしょうか?

お互い名前も知らない状況からでの結婚でしたが、結論から言うと、ちゃんと愛し合うようになります。

最初こそ2人とも「寝耳に水」と言って戸惑っていましたが、信頼を寄せていくようになります。

リーシアは、ソーマがちゃんと国王の立場で政治を行っていく姿を見てその素質を認め、支えていくことに決めたのです。

そして恋愛感情をもってソーマの「家族」となったことでソーマもリーシアに特別な感情を抱くようになります。

また、ソーマの1番の相談役となり、理解者となっていきます。

陸軍に所属していたこともあり、ソーマの軍事関係の斬新な考え方に対しても、すんなりと受け入れていくのです。

ソーマが国王としての素質があるとしたら、彼女もまた妃としての素質があったのでしょうね。

ただ、決意表明のために髪を切ってショートヘアーにしたり、ソーマのためなら地獄までもついていくと言ったりして、その覚悟の重さゆえにソーマから心配されることもあります。

ソーマは5人の妻を持つことになりますが、その中でも最も愛されている女性だということも頷けますね。

妊娠した双子を出産!

そんなリーシアは、ソーマとの子供を出産します!

それも、双子を!

出産は結婚式前に行われましたが、彼女は帝王切開を断りました。

通常双子を生むときは帝王切開をすることが多く、手術で赤ちゃんを取り出します。

必ずというわけではありませんが、通常と同じように生むにはいくつかの条件を満たす必要があります。

だいたい、胎位や体重など赤ちゃんの状態や妊娠週数、母体のコンディションなどがすべて良好な場合に限り、1人目は普通に生めたとしても2人目は帝王切開となることもあります。

現代の日本の医療だと、糖尿病や高血圧症などがなく健康な状態だったとしても、1人目の妊娠で子宮内圧が下がったり出血が多かったりすると直ちに帝王切開となることが多く、双子を普通に生むということが簡単ではないことが分かりますね。

舞台は海外ですが、難しいというのは変わらないでしょう。

そこまでしてなぜ帝王切開をしなかったかというと、リーシアは身体能力の低下を恐れていたのです。

帝王切開で生むとなると、産後のコンディションが回復するまで通常よりも時間がかかることが多く、その分王国を守れない時間が増えると考えたのでしょう。

彼女はエルフリーデン王国を守るために戦場に自ら赴いて戦っていたぐらいですから、自国防衛と軍人としての意識がそうさせたのだと考えられます。

またそれは、ソーマが一生懸命統治している国を守るということでもありますから、それだけソーマを大切に思っているとも考えられますね!

まとめ

いかがでしたか?

ヒロイン・リーシアのプロフィールや強さ、結婚後どうなるかについて解説してきました。

王女でありながら陸軍としても活躍し、魔法を使った攻撃ができるなどかなり強い女の子でした。

また、ソーマとラブラブになるだけでなく、ソーマのために並々ならぬ覚悟を持つという意味でも、強い人だと思います。

国家を動かすのは難しいことだと思いますが、2人の愛の力で乗り越えていってほしいですね!

<関連記事>

【現実主義勇者の王国再建記】ソーマの婚約者は誰?ハーレムな恋愛関係について解説!

現実主義勇者の王国再建記のライオンは敵?ゲオルグ・カーマインの目的を解説!

【現実主義勇者の王国再建記】ソーマ・カズヤの強さや能力は?有能な理由についても