【探偵はもう死んでいる】ハーレム要素はある?ラブコメや恋愛関係について解説!

『たんもし』こと『探偵はもう、死んでいる。』はどういうアニメなのか・・・?

アニメをこれから見ようと思っている方は、ハーレムや恋愛要素があるのか気になっている方もいるんじゃないでしょうか?

今回は、たんもしでの恋愛要素について解説していきたいと思います。

それでは、さっそく見ていきましょう!

探偵はもう死んでいる:ハーレム要素はある?

まずは、たんもしのハーレム性について見ていきましょう。

人間の男性キャラは君塚だけ!

たんもしに登場するキャラクターはそれほど多くはありません。

とりわけ男性は少なく、人間で言えば男は君塚たった一人しか登場しないのです。

・・・あ、モブは別ですよ?笑

敵方や人造人間の中には男キャラは登場するのですが、彼らは人間などではないため、恋愛的な面はほぼないです。

一方、主人公の君塚周りにはシエスタや夏凪をはじめ風靡、斎川、シャルなどがいて、女の子のキャラクターに囲まれています。

ただ君塚は巻き込まれ体質であり、日常で起こる事件などはほとんどその女の子たちによって巻き込まれていくという形になっています。

身の回りの女の子にかき回され、厄介な目に遭わされている君塚ですが、ちょっと羨ましいと感じるかも・・・?笑

女の子に囲まれ、絡まれていく展開が好きな人には、楽しめる作品なんじゃないかと思います!

モテモテというわけではない

女の子に囲まれている君塚ですが、モテモテかというと、そういうわけではないようです。笑

よくあるハーレムもののアニメだと、主人公がカッコいい活躍をして、それに女の子が惚れて、そんな女の子たちを引っ搔き回して・・・なんて展開になると思います。

しかし、先ほども言った通り引っ掻き回されるのは君塚の方です。笑

前者のような、何をやってもあちこちでモテる人は身近にはあまりいないと思いますが、女の子に囲まれているけれどもモテてはいないという人はまだよく見かけるんじゃないでしょうか?

その点ではこの作品は、非現実的過ぎずにハマっていけるんじゃないかと思います。

たんもしはバトルものや推理ものという側面があり、次にどんな展開が待っているのか、事件の謎や登場人物たちの関係性はどういったものかということが気になっていくお話です。

そのため、モテモテにさせてがっつり恋愛要素を組み込まなくても、十分楽しめるんだと思います。

・・・とは言っても、恋愛要素は要らないかというと、やはり欲しいですよね?

ご安心ください。ないわけじゃないので。笑

君塚とシエスタの間には特別な感情があるので、恋愛関係は期待できますよ!

たんもし:ヒロインはかわいい?

続いて、たんもしのヒロインたちは可愛いのか見ていきましょう!

シエスタ:美しくミステリアス

シエスタは、たんもしのメインヒロインの一人です。

髪は白銀色のショートヘアーで、吸い込まれるような青い瞳、肌も雪のように澄んだ、美しくも不思議な雰囲気のある女の子です。

本当の名前どころか、国籍や年齢など、そのほとんどが謎に包まれたキャラクターで、分かっている個人情報は誕生日が4月2日ということぐらいです。

なぜ誕生日が分かってて年齢が分からないのかというのは謎ですけど。笑

しかも、シエスタは物語の最初から死んでるんです。

彼女の魅力は、そういったミステリアスさにあるんじゃないかと思いますね。

また、ミステリアスなのは行動にも表れます。

普通の女の子とはかけ離れたような大胆なところがあり、飛行機をハイジャックした犯人とも堂々と渡り合っており、命を惜しんで怯える様子がありませんでした。

謎の組織と戦っているというのも気になりますし、とてもただの探偵とは思えませんよね?笑

物語はいきなり謎に放り込まれるので、気になってみてしまうんだと思います。

夏凪渚:強気だが思いやりがある

もう一人のメインヒロインが、夏凪渚(なつなぎなぎさ)です。

何だか噛んでしまいそうな名前ですね。笑

シエスタが死んだことで探偵活動をやめ、沈んだ生活を送っていた君塚を渚がもう一度復帰させることから物語は動き出します。

渚は心臓に病気を持っていましたが、心臓移植を施されて命が助かります。

その命の恩人が会いたがっていた人を探してほしいと、君塚に依頼するのです。

その人格には一部元の心臓の持ち主が宿っていて、時々自分っぽくない行動をとることから違和感を覚えました。

初対面の君塚に対しては、いきなり胸を押し付けたり、相手の喉に手を突っ込んだりと、ちょっとぶっ飛んだことまでしてきます。笑

性格は強気であり、君塚をよく連れまわしたり巻き込んだりします。

その割にドМなところがあり、愛されるより愛したい、縛るより縛られたいなど即答しています。笑

また、「(警察が使う)隠語」を「淫語」と勘違いして頬を赤らめるなど、ちょっと変態チックなところも・・・。笑

無茶苦茶なところもありますが、元の心臓の持ち主には感謝しており、その思いに応えてあげたいといういいところもちゃんとあるんです。

そんな健気な思いを応援したくなる方も、きっと多いんじゃないかと思います。

ラブコメや恋愛関係について

最後に、たんもしの登場キャラクターたちの恋愛関係について解説していきます。

シエスタと君塚の関係

本作一番の恋愛の見どころは、やはりシエスタと君塚の関係です。

はっきり「好き」とか「付き合って」とかは言ってないんですけど、お互い思い合っていると思わせるシーンはよく出てきます。

シエスタは突然君塚の前に現れて、その人生を大きく引っ掻き回したにもかかわらず、死んでしまいます。

しかし、その思いは死後も消えさることなく残ります。

君塚は君塚で、散々シエスタの愚痴を吐きながらも、心の中では自分にはないものを持っているシエスタのことを尊敬しているのです。

お互いはっきり思いは言わないけれど、確かに思い合う気持ちはある。

素敵な関係ですね!

死んでもなお君塚に会いたいと願っていた君塚と、名探偵を尊敬していた君塚。

2人の切なくも熱い関係に注目です!

ラブラブなシーンは少ない

ただし、恋愛(のような)関係はありますが、ラブラブな展開はそんなに多くありません。

非現実的なモテモテや、イチャイチャラブラブなシーンはなく、ただ思い合っている2人が描かれています。

君塚の性格上、モテモテになれるようなキャラじゃないというのもありますが、そういう恋愛関係だからこそ、美しく見えるのだと思います。

デレたりおふざけのシーンもあったりはしますが、登場するキャラクターたちは純粋で綺麗な心を基本に持っている人が多いです。

そんな美しいギャップにも、心打たれるんじゃないでしょうか。

がっつり恋愛系じゃないけど、こういう恋愛の混ぜ込み方もいいですよね。

この作品はよくジャンルが不特定だと言われるんですが、どうともとれるキャラクターたちの心の動きを丁寧にとらえているからなんだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

たんもしのハーレム要素、恋愛関係について解説してきました。

普通ハーレムアニメといったら主人公がやたらとモテて恋愛シーンバリバリみたいなのが多いですが、この作品はそういう意味では一風変わっています。

美しい心の動きを丁寧に描き、バトル要素やミステリー要素も組み込まれているるので、ザ・恋愛系とは一線を画しているんだと思います。

登場するヒロインたち以外にも可愛いキャラクターは多いので、気になった方はチェックしてみてください!